ゴルフのナイスショットとは?どうすれば出来るのか?中身を考えてみた!|Five O’clock Golf流思考法

ナイスショットを考える

ナイスショットの定義

  • 思ったようなショットはナイスショット!?
  • フェースの芯に当たったショットはナイスショット!?
  • 結果に繋がるショットはナイスショット!?
  • 他人から見てナイスショットはナイスショット!

ゴルフの最大の魅力は「飛ぶこと」です。

自他ともにナイスショットを打てた時は「なんとも言えない気持ちよさ」があります。

そんなショットを毎回繰り返すために、日々の練習をするわけです。

今回のテーマはナイスショットとはどういったものなのか?それはどのようにして出来るのか?その中身を考えてみました!

この記事の目的は”ナイスショット”というものを分解し、何がナイスショットで、どうすればナイスショットを打てるのかを考えてみました!

最後まで見ていただく頃には、ナイスショットの定義が変わるかもしれません!

ファイブ

今回はぼんやりしたテーマに見えますが、知っているのと知らないのとでは”差”が出るテーマですよ^^

ファイブ

簡単にこの記事を書いているやつを紹介します!
ゴルフ歴:30年
ベストスコア:65
ゴルフ指導歴:20年以上
延べ指導人数:約2,000名以上(内競技会優勝者多数)

この記事で分かること

思ったようなショットはナイスショット!?

あなたの”思ったようなショット”とはどういったショットでしょうか?

  • 真っすぐ飛んだボール?
  • 自分の思い通りの方向へ飛んだショット?
  • 距離感ばっちりのショット?

どれもナイスショットです!

では、逆にナイスショットではないものは?

  • 真っすぐ飛んだとしても思った方向ではなかった
  • 距離が合っていない
  • 方向が違っている

ということは、自分の思った方向、思ったような距離であれば、それは全て”ナイスショットと言ってよいということになります。

次の項目の”芯にあたること”とは反することになるかもしれませんが、例え芯に当たらなくても”ナイスショット”と言える場合があります。

ファイブ

ナイスショットの範囲は思ったよりもひろい!

フェースの芯に当たったショットはナイスショット!?

フェースの芯に当たったショットは”ナイスショット”と言えるのか?

ショットだけを見ると”ナイスショット”と言ますが、ゴルフはターゲットゲームという側面もあるため、そう考えると”芯に当たった”だけではナイスショットとは言えません。

とはいえ、芯に当たらないことには安定した飛距離、方向性は得られないと思うので、芯に当たるような練習はやったほうがいいでしょう。

ただ、芯に当てるようにするには、多くの要素を身に付ける必要があります。

では何を身に付ければ芯に当たるショットを打てるのか?

  • 綺麗なスイングプレーン
  • スムーズな体重移動
  • 良いタイミング

この記事ではナイスショットの定義を決めよう!というものなので、技術的なことに関しては下記リンクをご覧ください。

一つ言えることは、芯に当てる技術が上がれば上がるほどゴルフのレベルも上がってくるということです。

上記リンクで書いた記事は基本的なことを解説しています。

ということは、芯に当てる技術を高めるためには基本をしっかりと身に付ける必要があるわけです。

上級者のショットが安定しているように見えるのは、基本がしっかりしているからです。

ファイブ

良いタイミングに関しては、別記事で解説します!

結果に繋がるショットはナイスショット!?

皆さんはホールインワンをしたことがありますか?

ホールインワンで良くあることですが、打った本人としての手ごたえはさほど良くないショットが何かの拍子で入ってしまう。

ただ、目標方向へ飛ばせる技術があるという事実は疑いようの無いものなので、実は決して偶然ではないことが分かります。

では、下記に結果に繋がるショットとはどんなものがあるのかを挙げてみます。

  • 良いところへ飛んで行った
  • 打ったショットがピン近くへ行った
  • 打ったショットがピンに直接入った

全て結果論のように見えますが、もちろんそうではありません。

良いところへ飛ぶ、打ったショットがピン近くへ、打ったショットが入った”、これは全て狙った方向へ飛び出した結果だということです。

もう少し踏みこんでお話しすると、フェースコントロールが上手いということです。

まぐれ”という言葉がありますが、僕は”まぐれ”と書いて”必然”と読むようにしています。

上級者にまぐれはなく、これまでの結果でそうなったということです。

下記にフェースの動きとボールの飛び出しを解説しているので、お時間があればご覧ください。

ファイブ

努力が良い結果を生んでいる!

僕はそう考えています^^

他人から見てナイスショットはナイスショット!?

本人的にはう~んという感じでも、周りから「ナイスショット!」という声を掛けられると、「あ、ありがとう、、」と、とりあえずお礼を言わないと場の空気がしらけますよね。

ある程度ゴルフをされている方なら「わかる!」ですよね!

じゃあ、何故このような状況が起こるのか?

  • 音が良いショット
  • 見た目(弾道)が良いショット
  • 結果が良いショット

この3つをご覧になっていかがでしょうか?音?見た目?結果?、、、う、うん、何となく分かる、という感じではないでしょうか?

実はこの3つはメーカーが一番こだわっているところでもあるんです。

最近のクラブは音にこだわって作られているものが多く、少し芯を外したぐらいではミスなのかどうかは分からないものが増えています。

ということは、他の方からしたらミスしたのかどうかは分からないということになります。

メーカーのこだわりの勝利という感じですね!

見た目(弾道)、結果

この部分もメーカーはこだわっています

。テーラーメイドの”ツイストフェース”をはじめ、キャロウェイの”JAILBREAK”等、フェースに仕事をさせて”弾道や結果”を作るものが販売されています。

後は、モデルによって「高弾道、中弾道」と分けて販売しています。

ここを間違うと大変なので、またモデル別にクラブ特集記事を組もうと思います。


下記に初心者向けクラブの特集をしています。

この記事を読んでいる初心者の方、周りに初心者の方がいましたらご紹介ください。

音といい弾道といい、ある意味メーカーの勝利という感じになってきています。

同伴プレイヤーの「ナイスショット!」は結論、素直に「ありがとう」がよさそうです。

まあ、音の割には、、、弾道の割には、、、という、言わなくてもいい「一言多い人」もいますが、、、。

ファイブ

僕の現役の頃と比べるとクラブの進化が凄い!

ナイスショットとは?のまとめ

ナイスショットを主観的にみた場合「思ったようなショットフェースの芯に当たったショット」と、客観的にみた場合「結果に繋がるショット他人から見てナイスショット」に分けて考えてみました。

こう考えると、主観的なナイスショットと客観的なナイスショットには差が生まれて当然なんだろうと思います。

双方を両立させるには、

  • 主観的⇒スイングの精度を上げる
  • 客観的⇒スイングの精度を上げる


結論は、自他ともに認めるナイスショットが打てるように練習することですね!

⇒上手くなるには?
⇒Five O’clock Golfの記事を見る!
⇒相談室を利用してみる!?

最後までご覧いただきありがとうございました!

またのご来店をお待ちしております!

ナイスショットを考える

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事で分かること