【ゴルフ】100切りにはスライスを直す?スライス3種を理解しよう!

早速結論です。

スライスを直さなくても100は切れます

ただ、そのスライスがどういうスライスなのかは把握する必要があります。

同じスライスでも、

武器になるスライス

  • コントロールされたスライス
  • 捕まったスライス

武器にならないスライス

  • コントロールされていないスライス
  • 当たりの悪いスライス

この記事では、

  • どんなスライスなのかを把握する
  • コントロール可能なのかを知る
  • 実践的なスライスにする方法を知る

スライスを正しく理解すると、あなたが打っているスライスで十分「100切り」が可能だと分かります。

2022年時点での世界ランキング1位「スコッティー・シェフラー選手」はスライスです。

それでもスライスを直しますか?

最後までよろしくお願いします。

ファイブ

簡単にこの記事を書いているやつを紹介します!
ゴルフ歴:30年
ベストスコア:65
ゴルフ指導歴:20年以上
延べ指導人数:約2,000名以上(内競技会優勝者多数)

この記事で分かること

スライスは3種類ある!

  • プルスライス(ひっかけスライス)
  • ストレートスライス
  • プッシュスライス

この3つのスライスは右に曲がるという共通点以外は全く違う原因で起こっています。

自分のスライスがどのスライスなのかを把握して、そしてそのスライスを改善する方法やドリルをすることにより改善していきます。

最初に自分のスライスを把握する必要があるのでそのチェック方法を解説します。

簡単!スライスのチェック方法

  • 自分の向きを把握する
  • ボールで飛び出し方向を把握する
  • 上記をチェックした上で、どれぐらいの曲がりなのかを把握する

自分の向きを把握する

一番最初にやらなければならないことは”自分の向きを把握する”ことです。

アマチュアの9割の方が自分の向きを分かっていない

それぐらい厳しいデータがあります。

プロの練習風景を見たことがある方はご存じかもしれませんが、足元に置いているスティック状の棒です。

以下の記事で紹介しているので、知らない!という方はご覧ください。

ゴルフ ショット練習 アシストスティック ショット 小物 練習器具 JAPANA ジャパーナ

ゴルフクラブを置いても代用できるので、打球場での練習時には必ず足元に置いて練習してください。

ボールの出だしをチェックすること

自分の向きに対してどれぐらいボールの出だしがズレているのかを分からないとスライスの量も把握することが出来ません。

ポイントは、

  • アドレスの向きをチェック
  • ボールの出だしをチェック

”アドレス向き”と”ボールの出だし”は必ずチェックしてください。

ボールの出だしが分からないと、下記で解説する自分のスライスが何なのかを知ることができません。

自分の曲がりをチェックする

左へ出てセンターへ帰ってくる⇒「プルスライス」

真っすぐ飛んだ右サイドへ⇒「ストレートスライス」

右へ飛び出して更に右へ曲がる⇒「プッシュスライス」

僕のスライスは、、、え!?プッシュスライス、、、
カットスライスだと思ってた、、、

ファイブ

ま、まあ、そういう方は多いと思うよ。自分のスライスを把握することが大切だね^^

【2022年5月8日追記】

ボールを捕まえてスライスを減らそう!

そもそもスライスはなぜ多くの方が悩むボールなのでしょうか?

同じスライス系でも”フェードボール”は良いイメージを持たれていると思います。

ではそのスライスとフェードの違いは何でしょうか?

プルスライスでも、ストレートスライスでも、プッシュスライスでも、自分の意図したボールは、

フェードボール”と言って良い!

回転とV字縦コックでボールを捕まえよう!

回転でボールを捕まえる

まずは下記の図と動画をご覧ください。

インパクト付近のスイングプレーンとフェース面の向きをイメージしたものです。

半円の線はスイングプレーン、その上の棒状の線はクラブフェースを表しています。

何となくのイメージはご理解いただけたと思います。

フェースの向きはインパクトに向けて少しずつ目標へ向いていきインパクトで目標を向いて、そして少しずつ左へ向いていきます。

”オープン⇒スクウェア⇒クローズ”

ということは、回転が出来ていればフェースは勝手に返る(ターンする)ということです。

フェースが開きすぎているから返す、閉じすぎているから開く”はあくまでも対処療法で根本的な解決にはなりません。

V字縦コックでボールを捕まえる

回転でボールを捕まえるということはご理解いただけましたか?

次にV字縦コックを見ていきましょう!

V字縦コックは「てこの原理」を利用してパワーを伝えるということです。

手首の動き、肘の動き、肩の動きを連動させ、クラブヘッドをボールにぶつける動きです。

詳しくは下記記事の「腕の動きを覚えよう」をご覧ください。

スライスの幅を減らすポイントは”捕まっているのか、捕まっていないのか”です。

捕まったスライスは自分のイメージした曲がり幅に収まってくるので、コースマネージメント上大きな武器になります。

そっか~正しい動きを覚えたら自然に減るということだね~

ファイブ

そうですね^^。頑張って身に付けてください!

スライスでも100は切れる!のまとめ

以上、初心者、初級者必見!スライスを減らそう!でした。

  • あなたが打っているスライスがどんなスライスなのかを把握することができる
  • あなたが打っているスライスがコントロール可能なのかを知ることができる
  • あなたが打っているスライスをより実践的なスライスにする方法を知ることができる

スライスでも大丈夫なのは分かった!

でも多く方がスライスは嫌だという。

では最後にそんなスライスを減らすポイントを挙げてみましょう!

回転とV字縦コック

回転とV字縦コックを理解し、スライスを減らしていきましょう!

ではまた!

※2022年5月8日追記
スイング軌道についての記事を投稿しました!スライスの原因はアウトサイドイン?フックの原因はインサイドアウト?インサイドインは曲がらないの?
そんな記事となっています。お時間があればどうぞ!

気に入ってくれたらクリックをお願いします!

励みになります♪

ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事で分かること